全般的な理念と趣旨については「理数研セミナーの理念」をお読み下さい。各講座の演習は「演習」といっても時間の無駄の多いテストゼミではありません。
宿題の解説と、一人一人への質問とその答えに対するコメントを中心とします。基礎の段階ではあまり進度や点数にこだわらず、深く考える習慣をつけることです。「よくわからないけど覚えてしまえ」では、数学を好きになるわけがなく、将来の飛躍は望むべくもありません。
初めは少し難しくても、できるだけ他の問題にも通用するような普遍的な解法で解くように心掛けることが大切です。
理数研の講師は全員その手助けのための労力と時間を惜しみません。

メイン講座

高校数学文系・理系共通講座

M1

主な対象:高校数学を一から始める高校1年生、もしくは中高一貫校の特に意欲のある中学3年生


高校数学を一から始めるための講座で、数 I A から数 II の一部までの必修典型問題を講義します。計算中心の「中学数学」と違い、「高校数学」は抽象度が高く、論理構造を重視しながら思考する必要があり、その厳密な論理展開のために必要な論理記号等も積極的に使用していきます。高2から編入される方は《M1》《M2》を併行しての受講をお勧めします。無料の個別指導に参加できます。

M2

主な対象:M1修了者、もしくはそれと同等の学力を有する者


《M1》に引き続き、数 II B の必修典型問題を12月まで講義し、1月からは、数 I A の最初に戻り、必修典型問題を復習しつつ発展問題の講義・演習を行います。無料の個別指導に参加できます。

M3

主な対象:M2修了者、もしくはそれと同等の学力を有する者


《M2》に引き続き、数 I A II B の必修典型問題を復習しつつ発展問題の講義・演習を行います。1月以降はセンター・2次対策の演習を行います。

高校数学理系講座

S2

(1月〜3月開講)

主な対象:数 III を一から始めるM2受講者、もしくはそれと同等の学力を有する者


《1月から3月まで、数 III の導入部分である「複素数平面」・「極限」の定義・公式から必修典型問題を講義します。《M2》と併行して受講してください。無料の個別指導に参加できます。

S3

主な対象:S2修了者、もしくはそれと同等の学力を有する者


《S2》に引き続き「微分」と「積分」の定義・公式・必修典型問題を8月まで講義し、その後、必修典型問題を復習しつつ発展問題の講義・演習を行います。1月以降は2次対策の演習を行います。

ポスト講座

R4

主な対象:M3,S3修了者


《M3》《S3》修了生を対象として、数 I A II B III の典型・発展問題を復習しつつ、実戦問題の演習・解説をする講座です。1月以降は2次対策の演習を行います。

プレ講座

中学数学&高校数学基礎講座

J1/J2

(2年間の講座)

主な対象:進度の速い中高一貫校に在籍する中学生、もしくは特に意欲のある国公立中学生


中学数学の必修典型問題を1年3ヶ月で終了します。その後の半年で中学数学の発展問題を講義・演習し、最後の3ヶ月には高校数学の基礎を講義します。修了者のうち基準を満たした方は3年目に【メイン講座】の《M1》の受講が可能で、以降飛び級で【メイン講座】を受講すれば、進度の速い私立中高一貫校と同等の進度で高校数学を学習することが可能です。無料の個別指導に参加できます。

F2

主な対象:中高一貫校に在籍する中学2,3年生、もしくは意欲のある国公立中学2,3年生


中学数学の必修典型問題の後半を半年かけて講義し、残りの半年で発展問題を講義・演習する講座です。《J1/J2》と比べると進度もゆっくり目で、典型問題の演習を重視します。修了者のうち基準を満たした方は翌年に【メイン講座】の《M1》の受講が可能で、中学数学にまだ不安がある方は翌年《J2》を受講していただきます。無料の個別指導に参加できます。